赤ら顔とニキビは関係している?改善するための方法は

赤ら顔は、顔が赤いことですが外面的な要因が原因で赤い場合と内面的な要因で赤い場合があります。

 

外面的な要因で赤ら顔が起こってしまう理由のひとつに、脂漏性皮膚である場合があります。
脂漏性皮膚というのは、いわゆるオイリー肌でべたつきがあり肌がざらざらしてしまったりすることで、毛穴が赤くなったりして肌が赤く見えるようになります。

 

脂漏性皮膚だと、小さなニキビができやすいといった症状があるもので毛穴が赤くなるのは分泌される皮脂で毛穴の内部に炎症を起こしているからと言われています。
またべたべたしたり肌に触れるとざらざらしていて皮脂の塊のようなものがぼろぼろと落ちるのは皮脂量と水分のバランスが乱れているためでニキビができやすい状態でもあるのです。

 

脂漏性皮膚で赤ら顔になっている場合には肌の状態を整えることが一番の改善法です。
皮脂の分泌は生活習慣の乱れやストレスなどで増えてしまうことがあります。

 

毎日の食事のバランスを都と煮えて睡眠をしっかりととるように心がけましょう。また洗顔は過度になりすぎても良くありません。1日2回ほどしっかりと洗顔料を泡立て優しく洗ったら化粧水などでしっかりと保湿ケアを行うようにするのも良い改善法です。