赤ら顔の特徴と治し方

赤ら顔の特徴は、特に頬や鼻などが赤くなった状態をいいますが、これは毛細血管が拡張することで、顔に赤みが現れるといわれています。

 

毛細血管は、皮膚の真皮に多くみられるもので、皮膚が薄いとより赤みが目立つといいます。頬や鼻は、皮膚が薄いとされていますので、赤ら顔になるようです。

 

治し方は、原因によっても違いがあるといいます。皮膚の炎症で赤くなってしまった場合には、抗炎症作用がある成分やビタミンC誘導体などが配合された製品で、ケアするのもいいでしょう。

 

また、気温差によって赤ら顔になる方は、漢方薬を服用するのも効果的とされています。この場合には、医師や薬剤師に相談されるのがいいでしょう。

 

症状が重いようであれば、皮膚科を訪れて専門医の診察を受けられるのがいいでしょう。光やレーザーを用いての治療や、硬化療法などが提案されるといいますので、医師と相談しながら自身に適した方法で赤ら顔を改善されてはいかがでしょう。

赤ら顔の原因とオススメのスキンケア方法

赤ら顔の原因は様々ありますが、女性で特に一番多い原因となっているのが、肌荒れです。

 

肌がつっぱってしまったり、肌の皮が剥けてしまう、かぶれや痒みといった肌のトラブルで、肌が通常よりも敏感になり炎症を起こすことで、肌が赤くなってしまい、赤ら顔に見えるのです。

 

 

特に肌が乾燥している時は敏感になりやすく、肌荒れも起こしやすい状態になっています。

 

症状としては、化粧水などをつけた時に、ヒリヒリと痛みを感じたり、顔全体にカサつきや痒みが出たりします。

 

 

季節に関係なく、肌を乾燥させないためにもしっかりとしたスキンケアが必要になってきます。
乾燥すると、水分はもちろん、油分も少なくなってしまい、肌のバリア機能が使えません。

 

自分の肌に合ったスキンケア用品を使用し、水分と油分をたっぷり与えましょう。
肌が弱くなっている為、強くパッティングするのではなく、優しく肌に浸透させるようにゆっくりとパッティングすると刺激も抑えられます。

赤ら顔対策にセラミドが大切な理由

赤ら顔といってもその種類と原因はさまざまです。緊張やストレスなどで顔が赤くなってしまう体質や、鼻周りや頬のあたりが赤いという場合には習慣によって皮膚が削られており、皮膚が薄くなることで血管が透けてしまっているという原因で起こることもあるほか、肌荒れによって炎症がおこることで皮膚が赤くなることも考えられます。

 

この肌荒れを改善するためには、肌のバリア機能を向上させる必要があります。

 

 

肌のバリア機能低下は乾燥することによって引き起こされるため、保湿に効果的なセラミドなどの成分が配合されたスキンケア用品を利用して肌に潤いを与えることが重要です。

 

保湿成分のなかでも保湿力の強いセラミドは、もともと皮膚に存在している成分で塗ることによって水分を層の間に挟み込むという働きをします。水分を挟み込むことで水分を保持する働きがあり、肌に含まれる成分のため敏感肌にも安心して利用することができます。

 

セラミドの配合されたスキンケア用品にもさまざまな種類がありますが、人の肌に存在しているセラミドとほぼ同等の構造を持つ「ヒト型セラミド」が配合されたものがおすすめです。
赤ら顔に効く化粧水 ウルウ

赤ら顔と酒さ、顔の赤みを消すのは同じ?

赤ら顔の悩みを解消しようと思って、いろいろ調べていると、“酒さ”という言葉がけっこう出てきます。
赤ら顔は、言葉をみても分かるのですが、“酒さ”って何?と思っていたら、どうやらお酒を飲んだ時のように顔が赤っているような感じで顔の赤みがある状態をいうようですね。

 

まぁ、基本的に赤ら顔も酒さも顔に赤みが激しく出てしまうことでは違いはないのですが、酒さの方は、医学的といえばいいのか?とにかく皮脂腺が増殖して皮脂腺の周りに毛細血管も増殖、拡張することで顔に赤みが出るようです。
なので、皮脂腺が集中している、頬や鼻あたりというのは赤みを悪化させやすいみたいですね。

 

ただ、酒さなどの顔の赤みを消すのといわゆる赤ら顔の赤みを消すというのは、方法としてはそれほど違いはないようで、クリニックなどで治療を受ける前に、ちょっと自分でもできるようなセルフケアとして、まずはお肌をしっかり保湿してあげるという方法が一般的です。赤ら顔や酒さなど顔の赤みがでやすい人のお肌は、乾燥をしていたりお肌のバリア機能が弱まっているケースが多いので、セラミドなどでしっかりお肌を保湿し、バリア機能を整えてあげることでケアしてあげることもできます。

顔の赤みと赤ら顔は違う?

赤ら顔でも、いわゆる皮膚が薄くて血管のうきでるようなタイプの拡張型の赤ら顔もあれば、脂漏性皮膚炎などでお肌が炎症を起こして、それが残ってしまって起こる赤ら顔というのもあります。

 

脂漏性皮膚炎などが原因となる場合は、どちらかというと、赤ら顔でもあるけど顔に赤みが出るという感じでしょうか。

 

もちろん、どちらも悩みとしては深刻なんですけど、対応の仕方が変わってくるので、違いを理解しておくことも大事だと思います。

 

 

顔が赤い=赤ら顔

 

というのは間違いではないですけど、すべてひとまとめにしちゃうとどうも間違った対策をしてしまう可能性もありそうです。

 

 

特に、例えば赤ら顔に効く化粧水などがあるとします。

 

その場合の赤ら顔は、どっちなのか?どちらにも効果あるのか?ということをその化粧水を買う前にはしっかりチェックしておくことが大事になります。

 

化粧水によっては、ニキビ跡などの赤みを薄くはするけど、赤ら顔、酒さなどには効果はないものもあったりますからね。

 

なので、赤ら顔でもどういう状態の赤ら顔か?原因はどこにあるのかによって、使う化粧水や薬なども違ってくるので、自分で自己判断するのではなく、お医者様とか、正しい情報を確認することが大事ですね!

更新履歴